In the IB Association of Japan (IBAJ), we promote many “job-alikes” throughout the school year.  Job-alikes usually focus on a grade level in the PYP, a particular subject (such as “Math”), or a particular IB practice (such as “ATLs”).  They are hosted by one or more teachers/coordinators at a specific school and the teachers/coordinators from other schools join as presenters or participants.  They are called “job-alikes” because they are “for people who have jobs that are alike”.

The objective of job-alikes is to promote a greater understanding of the IB at all levels. They provide an opportunity for new and experienced teachers, coordinators, vice principals, principals, and heads from IB schools to get together to share good teaching practices, teaching ideas, their expertise, to explore challenges relevant to their region, and to share strategies and solutions.

The nature of each job-alike can be defined by the hosting school, but here are some common features of job-alikes:

  • They are free (no fees involved, other than transportation to the school).
  • They can happen over one day (e.g. 9 am to 3 pm) or over a time period (4 pm to 5:30 pm).
  • The format is informal and the feeling of the day is casual.  
  • The participants help to make the content.
  • The purpose is to share ideas, activities, experiences, and resources on a particular topic (e.g. a grade, a subject, an IB practice, an IB programme, etc.).
  • Often the organizers will try to set up a network of people who are interested in that topic so that ongoing discussions can happen after the job-alike is finished.

The organizers of each job-alike announce the topic of the event, and at that point, they will usually ask for active participation from the attendees.  If your school has a particularly interesting or effective way of engaging with the topic, you may agree to give a short presentation on it to the other participants.

Procedure for Initiating a Job-Alike

  • Teachers at IB schools in Japan who would like to organize job-alikes on any topic should speak to their coordinators about their ideas.  
  • Coordinators can then tell the Chair of the relevant Programme Network (PYP, MYP, DP) about their school’s intention to host a job-alike.
  • The Network Chair will send the details of the proposed job-alike out to the network to try to gather participants.

ジョブアライク(Job-Alike)

日本国際バカロレア協会では、年間を通じて多くの「Job-Alike​ ジョブアライク」を推進しています。 ジョブアライクは通常、PYPのある学年、特定の科目(例えば「数学」)、特定のIBコース(例えば「ATL」)に焦点を当てます。 特定の学校の先生やコーディネーターが主催し、他の学校の先生やコーディネーターが発表者または参加者として出席します。 同じような仕事をしている方々が集まることから、「ジョブアライク」と呼ばれています。

ジョブアライクの目的は、あらゆるレベルでIBへの理解を深めることです。IB校の経験者、新任教師、コーディネーター、副校長、校長、教頭などが集まり、優れた教育実践、教育アイデア、専門知識を共有し、それぞれの国や地域に関連する問題や課題を探り、戦略や解決策を共有する機会を提供します。

ジョブアライクの内容は主催校によって異なりますが、共通する特徴は以下の通りです。

– 無料であること(学校までの交通費以外、費用はかからない)。

– 1日(例:午前9時から午後3時)または時間区切り(午後4時から午後5時30分)で行われる。

– 形式はカジュアルで、インフォーマルである。 

– 参加者がコンテンツ作りに協力する。

– 目的は、特定のトピック(学年、教科、IB実践、IBプログラムなど)に関するアイデア、活動、経験、リソースを共有することである。

– 主催者は、ジョブアライク終了後も継続的に議論ができるように、そのトピックに関心のある人たちのネットワークを構築しようとすることがよくあります。

ジョブアライクの主催者は、毎回イベントのトピックを発表し、その時点で参加者に積極的な参加を求めるのが一般的です。 貴校が、そのトピックについて特に興味深い、あるいは効果的な関わり方をしている場合は、他の参加者に短いプレゼンテーションをしてもよいでしょう。

ジョブアライクを開始するための手順

– 日本のIB校の先生方で、何らかのテーマでジョブアライクを開催したいとお考えの方は、担当のコーディネーターにその旨をお伝えください。 

– コーディネーターは、関連するプログラムネットワーク(PYP、MYP、DP)の委員長に、ジョブアライクを開催する意向を伝えることができます。

– ネットワーク委員長は参加者を集めるために、提案されたジョブアライク の詳細をネットワークに送ります。